マルテスのポケカ妄想録

ポケモンカードのデッキ構想をするよ!

【カード考察】タッグボルト収録カードまとめ(TAGTEAM編)

みなさん、お久しぶりです!

マルテスと申します(o'ー'o)ノ

 

今日は、今週末に発売を控えている「タッグボルト」のカードリストが公開されているため、TAGTEAMGXポケモンの考察をしていきます!!!

(スマブラの新作も同時発売ですね!)

 

 

 

1. ピカチュウ&ゼクロムGX

f:id:marutesu:20181204203545j:plain

草タイプのTAGTEAMのカードです。今回の目玉カードですね。

雷タイプには、カプ・コケコ◇サンダーマウンテン◇といったわざを使うためのエネルギーを減らすことができるカードが多いため、3エネつけるのも容易に行えるでしょう。

共に◇カードであるため、初ターンにルチアを使えば、最短ルートで技を使うことができますね。

ゼラオラライコウと合わせることにより、さらに安定したエネ供給もできますね。

150のダメージは少し火力が足りないかと感じることもあるかもしれませんが、エレキパワーハチマキを含めることで、火力も容易に出すことができ、2枚用意できればゾロアークなどの1進化ポケモンをワンパンすることができます。

GX技も優秀で、テテフを刈ることでサイド4枚取りも夢じゃありません。

最後の魅力は、たねポケモンであるにもかかわらず、高HPであることですね。

これは、すべてのTAGTEAMに言えることですね。

しかし、逆を返すと弱点にかなり弱くなります。

特に子マッシの条件を満たしたスレッジハンマーを受けてしまうと、1エネでサイドを3枚も取られてしまいます。

そこは、2枚取りをしたり、小型で攻めたり等の戦法を取り、ディスアドの回避を意識しましょう。

じゃくてんほけんを採用しても良いかもしれませんね。

上記で述べた通り、闘ポケモン相手だとかなり厳しいため、環境にすごく食い込んでくるということはなさそうな気が個人的にします...

 

2. セレビィフシギバナGX

f:id:marutesu:20181204204844j:plain

草タイプのTAGTEAMのカードです。

ピカチュウ&ゼクロムGXと比べると少しパッとしない感じはありますね...

きけんなかふん」で3つの特殊状態にし、ダメージを与えながら牽制しつつ、「ソーラービーム」で高ダメージを与えて倒していくのが基本の形になるのでしょうか?

その間に与えられたダメージは、「エバーグリーン」により全回復ができます。

追加効果のトラッシュのリフレッシュ効果はLOの対策に使えたり、2個球・ピンざしサポートの使いまわしに利用できます。(現状そこまで使い道はないかも?)

弱点対策は、「じゃくてんほけん」の他に、特性「おてんきガード」をもったチェリムがいます。

特にまんたんやアセロラと相性がいいイメージも湧きません。

火力は自身のわざで十分であると思うので火力アップのラランテスよりも、回復や弱点対策のカードを相方に添えてやると、良い動きをするかもしれませんね。

 

3. コイキング&ホエルオーGX

f:id:marutesu:20181204210413j:plain

水タイプのTAGTEAMのカードです。

たねポケモン最大のHPを有しており、草ポケモンが環境に少ないため、ワンチャンあるのではないかと思うカードです。

しかし、わざを打つためのエネルギーがかなり多いです...

エネルギーの供給は、アクアパッチorアーゴヨンヌオーにより、思うよりは容易に行うことができます。

新しいエネ供給の手段としては、新弾のカメックスも相性がよさそうですね。7枚も山を見ることができれば、1~2枚のエネを付けることができるでしょう。

しかし、準備に時間がかかってしまうため、新弾のフリーザや高HPポケモンなどで足止めをしておくと良いでしょう。

フリーザーの場合、グズマの効果を無効化し、ワザを使った後は他のポケモンにエネを渡すことができます。

エネルギーをためることができれば、180ダメージという高火力を連発することができ、GXワザではベンチポケモンすべてに100ダメージを与えることができるという驚きの性能を持っています。

これにより、1~3体のポケモンを同時に倒すことが可能ですね。

 

4. ゲンガー&ミミッキュGX

f:id:marutesu:20181204213038j:plain

超タイプのTAGTEAMのカードです。
GXワザがとても面白い効果を持っています。

まずは通常わざの解説を。

2エネで相手の手札を見て、トレーナーズの数×50ダメージを与えることができます。

のぞきみレッドカードや新弾のシオンタウンを使った専用デッキを組めば、安定的にダメージを与えることができるかもしれません。

しかし、ダメージが安定しないことや弱点が悪であることが負い目となってしまう場面が多いかと思います。

その代り、GXワザはかなり面白い効果になっており、使うと次の相手は進化や手張りができなくなります。

GXワザは使ってしまいますが、進化のテンポを握ることができます。

 

5. ラティアスラティオスGX

f:id:marutesu:20181204220246j:plain

竜タイプのTAGTEAMのカードです。

鋼エネルギーが水エネルギーになったウルネクだというのが率直に思ったことですね...

つまり、相性がいい相方はカラマネロになるのではないでしょうか?

ウルネクとの違うポイントは、HPが高いことと、GXワザが違うことですね。

HPが高いことで、まんたんやアセロラとの相性がとてもいいですね。

GXワザは、カラマネロがやられた後でも自発的にエネルギーを付けることができる能力です。

おまけにダメージも受けません。

 

6. カビゴンイーブイGX

f:id:marutesu:20181204223231j:plain

無タイプのTAGTEAMのカードです。

TAGTEAMの中では、一番使いどころが難しいカードです。

ダブル無職対応で技を打てるので、2個球2つで技を打てることができますが、なかなか引き込むことはできないかと思います。

カラマネロなどのエネ加速手段と組ませるなら、上記で解説したラティアスラティオスの方がいいですものね。

しかし、一度技を打てるようになれば、進化ポケモンに対しては無双できますね。

 

いかがでしょうか?

独断・偏見などが入り混じっているかもしれませんが、デンリュウゼラオラデッキの考察をしました。

私の考察が皆さんの楽しいポケカライフの手助けになれば光栄です。

では。

 

 

【デッキ妄想】【草】グソクムシャデッキ

f:id:marutesu:20181124000831j:plain

今回は、ツイッターでリクエストをいただいた、グソクムシャのデッキのデッキ妄想をしていきます!

月曜日からずっと構想を練っていたため、かなり時間がかかってしまいました...

まず、試してみた組み合わせとしては、

・グソクジラーチ

ゾロアークジラーチ

ジュカイングソク

・グソクのみ

を試してみました(´゚∀゚`)

今の環境では、ジラーチサンダーゾロアークマッシに勝てるデッキでないといけません。

上記の組み合わせの中で環境デッキへの勝率が高かったのは...

「グソクのみ」構築でした。

なかなか驚きの結果ですね∑(´Д` )

 

ではでは、さっそくその内容を見ていきましょう!


f:id:marutesu:20181124000835p:plain

デッキコード:VbFkVf-qXevwU-F51FFV

 

まずはポケモンの解説をしていきます。

コソクムシ(にげごし)*3

グソクムシャGX*3

このデッキのメインアタッカー。GXポケモンであるため、3枚の採用。

ゾロアークのような、中火力と高HPを兼ね備えたポケモン

ゾロアークと違い、基本エネルギー1枚で攻撃できるため、まんたんのくすりとの相性がとても良いです。

また、ベンチを埋め尽くす必要もないため、ジラサン相手にたねポケモンをスナイプされることも少なくなります。

技がすべて強力で、であいがしらは、このターンベンチから出た場合に120ダメージを与えることができ、非GXのシステムポケモンをワンパンすることが可能です。

ラランテスを1体でも立てることができれば、140ダメージまで出るので、非GXのポケモンほとんどをワンパンできるようになります。

後述の逃げエネ0のフェローチェと組み合わせることにより、高確率でダメージを上げる条件を満たすことができます。

2つめのワザ「アーマープレス」は、100ダメージを与えつつ、次に受けるダメージを20軽減してくれます。

HP 210 + ダンベル 40 + アーマープレス 20 = 270 もの耐久を最大で得ることができ、かなり硬くなります。

そうすると、相手のポケモンを2パンするプランも立てることができますね。

GXワザの「サザンクロスGX」は、高火力ワザとして捉えておきましょう。

現環境では、グズマの採用が多いため、ベンチに下がる効果はそこまで強くないのではと思います。

アーマープレスやサザンクロスが使えるエネルギーまでつけることができたら、逃げることも可能になります。

エネルギーが少しもったいないかもしれませんが、

逃げる→まんたんのくすりで回復→新しく出てきたグソクムシャで「であいがしら」を使う

という動きも可能なため、出し惜しみをしないようにしていきましょう。

エネルギーの付け方は、基本的には草エネルギー+ダブル無色ですが、草エネ3枚つけてもいいので、無駄なく手張りをしていきましょう。

 

カリキリ*2

ラランテス*2

火力アップ要員。ベンチに必ず1匹は立てておきたいため、2枚ずつの採用です。

グソクムシャの項目で既に述べていますが、であいがいしらのダメージを140にアップしておくと、非GXたねポケモンをほとんどワンパンすることができます。

また、そこにこだわりハチマキを使うことができれば、テテフをワンパンすることができますね。

2匹立てる効果は薄いかと思いますので、無理をしてまで2匹立てることはないでしょう。

 

フェローチェ*2

グソクムシャであいがしら条件を容易に満たすことができるカード。サイド落ち等を警戒して2枚の採用。

逃げエネが0の為、このカードがバトル場にさえいれば、であいがしらの火力アップ条件を満たすことができます。

わざを使うことはないかと思うので、よっぽどのことがない限りエネを張る必要はないでしょう。

 

メタモン◇*1

ラランテスグソクムシャの2種の1進化ポケモンを採用しているため、必須となるカードでしょう。

 

カプ・テテフGX*2

序盤はドロサポを、終盤にはグズマを呼び出すことができるカード。使いたいタイミングが多いため、2枚の採用。

最近だと、非GXポケモンのデッキが多いため、HPがそれなりにあるこのカードでも、アタッカーに成りうることは頭に入れておきましょう。

二個球が一つあれば攻撃し始めることができるのも良いですね。

 

ここまでの採用ポケモンすべてのHPが100以上です。(進化後)

そのため、ジラーチサンダー相手にワンパンされることが少なく、グソクムシャを2匹立てることができれば、かなり有利に戦うことができます。

余談ですが、ジラーチグソクは、ジラーチがサンダーのいい的にされるうえ、であいがしらの条件を満たすためにジラーチエスケープボードの2枚が必要になるというところがキツかったです...(´゚ω゚`)

 

他のポケモン採用候補としては、

ジュカイン(ネイチャーパワー)→UBに対してかなり強くなる

・非GXグソクムシャ

あたりでしょうか。

ジュカインを入れると、一気にジラサンに対しての勝率が悪くなりそうですが...(;゚д゚)

 

今日の更新はここまで!

続きは後日追記します~(* 'ω')ノ

 

To Be Continued...

【ジムバトル】ジムバトル(ウルトラシャイニーバトル)レポートその2

f:id:marutesu:20181118010013p:plain

 

おはこんばんちわ!

どうも~、マルテスと申します。

 

まずは、謝らねばなりませんね。

ブログの更新が遅くて大変申し訳ありません...

これからも温かい目で見ていただけると幸いです...(´゚ω゚`)

 

さて、今日は今週参加した「ウルトラシャイニーバトル」の結果の報告をします。

今回は、ジラーチサンダー」にGXポケモンを含めたデッキを使用してきました。

ジラーチサンダーについては、以前デッキ妄想させていただきましたので、是非ご覧になってください~

marutesupokeka.hatenablog.com

 

今回大会に参加したデッキレシピは以下の通りです↓

 

f:id:marutesu:20181118004847p:plain

デッキコード:pUUpyM-DmpKXl-2UMMMM

 

気になる結果ですが、なんと....

3回戦敗退でした(´;Д;`)

 

ガン回りすることがなく、エネ事故が起きていたり、相手に対策されていたりと言うことがありました。

要デッキ調整ですね。

 

次は対戦成績です。

1回戦:ジラーチサンダー(ゼラオラ軸) 〇 1-0

2回戦:アロキュウサーナイト 〇 6-0

3回戦:フーパガオガエン × 3-0

 

1回戦目のジラーチサンダーでは、相手がデンジュモクからスタートしたため、特殊エネしか入っていないこのデッキは詰んだ...と思いましたね( ゚д゚ ;)

しかし、相手としては特殊エネルギーのみのデッキかどうかわからなかいため、サンダーやゼラオラを展開してきました。(ラッキー)

非GXメイン同士の戦いでは先にサイドを取った方が有利なのですが、先手は相手に取られてしまいました((( ;゚Д゚)))

しかし、子マッシでゼラオラを、エレキパワー*2+ハチマキのサンダーでテテフをワンパンすることができ、不利を捲ることができました!!!

最後のテテフを落すときにドローでエレキパワーを引けたのには、脳汁が溢れ出た。

 

2回戦目のアロキュウサーナイトでは、相手の方がかなり事故っており、1~3ターンの間全く展開ができませんでした。

2進化ポケモンは、立たされるとかなり厄介なので、グズマを利用してサンダーできっちりと倒していきます。

事故のおかげもあってサイドを1枚もとられずに勝利することができました。

 

3回戦目のフーパガオガエンでは、子マッシを採用しているおかげで弱点をつけるこちらがかなり有利でしたが...

エネルギーを全く引くことができませんでした。

フリーで回しているときには全く起きなかった事故がここで勃発。

さらに、ジラーチで挽回をかけようとしましたが、相手がアブソルを展開。

このアブソルがキッチリ刺さり、そのまま普通に負けました。

この戦いでの反省点は、マッシで有利を取りたく、ワンチャンをねらってレインボーエネルギーを引きに行こうとしすぎたことですね。

ワンチャン狙いに行くよりも安定を狙っていった方が強いのですかね?

 

以上が対戦成績です。

火力に関しては十分で、ポケモンの数が足りなくなることもありませんでした。

少ないドロソに関しても手札不足になることが少なかったので、問題ありません。

今回感じた唯一の問題点は、エネルギー不足ですね。

やはりエネくじを1枚採用すべきなのでしょうか...?とりあえず試験的に1枚入れてみたいと思います。

後は、1回戦目であなぬけのひもを使われたのですが、かなり強いですね。はやく手に入れたいです。

 

ではでは、今日はこの辺で。

次回も乞うご期待~(・д・)ノシ